出会い系で出会った女とアダルトビデオみたいなセックスをしてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

app_03

佐賀県に住む34歳男性です。
俺は、アダルトビデオみたいなセックスをしてみたいなと思っていました。
ですが、彼女はいないし、ソープランドなどでお金を出してまではしたくないと思っていました。
なので、きっと、俺みたいなことを思っている女性もいるのではないかと思い、ワクワクメールでそういうことができる女性を探しました。
そして、アダルトビデオみたいなことがしてみたいという21歳の女性と出会いました。
2人の目的は決まっているので、ラブホテル街で待ち合わせをしました。
女性は、小柄で、目がくりくりしていて可愛いい感じでした。色が白く、痩せているわりには胸が大きくて、当たりだと思いました。
ラブホテルへついて、まず、イスに座ってもらい、目隠しをしました。
そして、
手足をイスに縛り付け身動きが取れないようにして、胸と下半身にローターを固定しました。
女性は、とても気持ちよさそうにあえいでいました。
もうローターで下半身はトロトロになっていました。
なので、手を自由にしてあげて、バイブを渡しました。
すると、女性は、自分で、自分の中へバイブを挿入しました。
いやらしいくちゃくちゃとした音が部屋に響いていました。
そして、イきそうと言ったのでバイブを取り上げました。
そして、バイブと俺のモノ、どっちでいきたい?と聞きました。
すると、女性は俺のものと言いました。
なので、なら、ちゃんとお願いしろと言いました。
女性は、入れて下さいといいました。
何を入れて欲しいのかと聞きました。
ちんこをいれてくださいと言ったので、
どこにいれてほしいのかと聞くと、
あなたの大きくてかたくなったちんこを私のいやらしいトロトロになったおまんこにいれてくださいと言いました。
なので、イスからベッドに女性を移動させ、正常位で挿入しました。
激しく腰を動かすと、女性の胸がぶるんぶるん揺れていました。
女性はとても気持ちよさそうによがっていました。
何回もイクー!!といっていました。
女性がイッた後も、俺は、スピードを落とさずに腰をふっていると、おかしくなりこうと女性がいっていました。
そして、俺もイきました。
そして、女性の顔に発射しました。
女性は、顔についたザーメンを舐めて、おいしいと言っていました。
それからも、週に一回程ですが、お互いの時間があうときに、アダルトビデオにあるような設定でセックスを楽しむセックスフレンドになりました。
もう普通のセックスには戻れない気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加